PS-TODAY ブログ版

休刊中の「PS-TODAY」に替わってコラムなどを掲載。 私が住む岐阜地域や、地方創生など、自分の気になる話題も掲載していきます。

「Zガンダム」シリーズが検定取得、 2005年型式のパチスロ「メンソーレ」もやや注目か

検定遊技機公示(平成29年8月16日 岐阜県公安委員会)

・CRフィーバー戦姫絶唱シンフォギアS         (三共・7P0695)
・CRフィーバー機動戦士ZガンダムR          (三共・7P0751)
・CRDD LLJ                (ジェイビー・7P0680)
・CRドラム麻雀物語M2BU3         (アムテックス・7P0757)
・CRA銀河鉄道9999BR1             (平和・7P0709)
・CRaにっぽんど真ん中祭りNA2           (竹屋・7P0711)
・メンソーレ3R-30                 (エマ・5S1394)
・ワンダークーちゃん/GG               (山佐・7S0941)

パズルゲームの「ぷよぷよ」と同名、パチンコ機で検定取得

検定遊技機公示(平成29年8月9日 岐阜県公安委員会)

・CRぷよぷよCA                  (サミー・7P0747)

岐阜県公安委員会、8月2日は7機種を検定公示

検定遊技機公示(平成29年8月2日 岐阜県公安委員会)

・CR春一番~極上の花道~GL           (ソフィア・7P0453)
・CRGGGG ZB                (ソフィア・7P0839)
・CRさくらももこ劇場春夏秋冬FX         (ソフィア・7P0641)
・CRモモキュンソード4ZA            (ソフィア・7P0735)
・CR哲也3BM-T                (大一商会・7P0767)
・グレートキングハナハナ/EX          (パイオニア・7S0838)
・シンデレラ×ブレイド3/NI             (ネット・7S0870)

パチスロは「番長外伝」、パチンコは中古機価格異常高騰の「CRぱちんこ必殺仕事人」がシリーズ機の検定を取得

検定遊技機公示(平成29年7月26日 岐阜県公安委員会)

・CRぱちんこ必殺仕事人V-G1         (京楽産業.・7P0763)
・CR天元突破グレンラガンSB            (ミズホ・6P0663)
・CR天元突破グレンラガンAB            (ミズホ・6P0648)
・CR悪代官 赤鬼X                (豊丸産業・7P0881)
・CR悪代官DX                  (豊丸産業・7P0773)
・CR吉宗4A02                 (大都技研・7P0738)
・番長外伝 盗忍!剛衛門/A8           (大都技研・7S0742)
パチスロ北斗の拳 2017/XF          (サミー・7S0888)
・ランランエイサー2/CX            (オーイズミ・6S0838)
パチスロシュタインズゲートR/WX       (オーイズミ・7S0786)
・クレナイザクラ/A7                (ベルコ・7S0823)

「北斗の拳2017」のバージョン機が検定取得

検定遊技機公示(平成29年7月19日 岐阜県公安委員会)

・CR哲也3BM-F                (大一商会・7P0768)
・CR金田一少年の事件簿2VV   (サンセイアールアンドディ・7P0755)
パチスロ笑ゥせぇるすまん3KJ          (三洋物産・7S0746)
パチスロウルトラセブンKC           (京楽産業.・7S0740)
・蒼き鋼のアルペジオ アルス・ノヴァ/XA (タイヨーエレック・7S0828)
・闘え!サラリーマン/XA              (ロデオ・7S0687)
パチスロ イースⅠ&Ⅱ/XX            (ロデオ・7S0679)
パチスロ北斗の拳 2017/XS          (サミー・7S0754)

岐阜県検定 7月2週は4機種が公示受ける

検定遊技機公示(平成29年7月12日 岐阜県公安委員会)

・CRA花の慶次X~雲のかなたに~N-K     (ニューギン・7P0705)
・CRサイボーグ009VSデビルマンL-T    (ニューギン・7P0682)
・CRAカナカナwith桃乃木かな       (マルホン工業・7P0657)
・CRハイスクールオブザデッドTXE          (高尾・7P0771)

パチンコ規則改正案、要点を箇条書きで

 警察庁が7月11日付でパブリックコメントの募集を開始したいわゆる「風適法」に関する「法律施行規則及び遊技機の認定及び型式の検定等に関する規則の一部を改正する規則案」を筆者が一読した範囲での要点は次のとおりとなっています。専門紙ではないので一般の方にも分かるような語句表現で羅列します。また、パチスロ機の性能についてもパチンコ機に準じた部分が多いので大半を割愛。速読した範囲ですので解釈が間違っている部分もあるかもしれませんがご容赦を。あくまで個人の解釈としてご一読ください。

・一定時間における出玉性能を現行から抑制、勝ち過ぎと共に負け過ぎも規制へ

 1時間の遊技で出玉が1万3200個(差玉換算で7200個)、4時間では3万6000個(同1万2000個)、10時間では8万個(同2万個)を超えてはならないと規定。
 さらにこれまでの規則では触れられる事のなかった出玉の下限値についても規定を付与して遊技客の負け過ぎを抑制。1時間で2000個、4時間で9600個、10時間で3万個の出玉が出せない機種は認めらません。

・大当たり出玉を抑制

 大当たりの出玉を1500個(最大10ラウンド)に抑制。大当たり1回の「t1y」は1500個、いわゆる役の大きさである「TY」は3000個が上限となります。
 パチスロでも同様にビッグボーナス1回あたりの出玉の上限が300枚に抑えられ、ビッグボーナス中に投入が必要なメダル枚数を加味すれば、遊技客が得る出玉は200枚強から良くて250枚程度が限界に。ジャグラーシリーズなどのファンにとってはかなり辛い事になるかも…

・管理者の業務にいわゆる「のめり込み」対策を追加

 これについては、具体的な要件等は明記されていません。要はIR法関連の成り行きにより対策が変容できる表現が成されています。

・パチンコ機に設定機能を付与可能に

 パチンコ機にパチスロ機同様な6段階の設定機能が付与可能に。ただし、これは遊技者が遊技球に手を触れる事ができない遊技機(いわゆる封入式など)についてのみ。
 設定に出玉性能を超える性能は認めらていません。過去にも同様な主旨のパチンコ風パチスロ機が市場投入された事もありましたが、ホール側が低設定を主力に使用した事などもあり、設定機能付きパチンコはほとんどファンから支持されませんでした。

・経過措置は付則で定めた起算日から3年間

 現行基準によって検定・認定を受けた遊技機は付則で示された日から3年間は使用可能。ただし、業界側の自主規制(?)で撤去されていく場合もあるのでパチンコ店に3年近く残る遊技機はほとんどないでしょう。

パブリックコメントの提出期間は平成29年8月9日までとなっています。

 

以上の要点から個人的感想をいえば、
①いわゆるのめり込みに効果があるとはあまり思えない
②型式試験適合にはかなり苦労しそう
③いわゆる封入式的発想の新型遊技機は、CR機の市場投入当初と同様に初めは苦戦しそうで、普及が進まない場合はには「依存症対策の更なる強化」などを理由に再度の規則改正もそう遠くない将来に行われる可能性が高い
といったところでしょうか